Gunosyのご機嫌をとり続ける僕はそして途方にくれた

Gunosyのご機嫌をとり続ける僕はそして途方にくれた

便利ですね、Gunosy。紐付けてるWebサービスでのアクションと、既読履歴でおすすめ記事の精度が上がるそうで。読みたい記事をせっせと集めてきてくれるグノシー。で、しばらく使ってみた感想雑記。

GunosyとRSSリーダーがかぶった場合は?

じつはGunosyの他には、読みたいブログをRSSリーダーでチェックしてるんだけど、当然メジャーなブログや、読みたくてRSS取得してるブログだから、そこからの記事もGunosyに流れてくる確立は高いんですね。その「私の興味の傾向を知っている感」はすごい、精度高い!と最初は思っていたのだけれど。

今度は、RSSリーダーで先に記事を読むと、Gunosyで重なって配信された物は当然読まない。だとすると、Gunosyに学習させる機会喪失になるのかな?なんて思って、「まず記事を読むのはGunosyから」なんてマイルールを作ったりする。
なにこのGunosyにしばられてる感w

ツールに振り回されている自分は「知的欲求を満たす」ために使っているのに、その行為が「ちっとも自由じゃない」と気がついて、めんどくさくなっちゃいました。
「あ、あの人のブログチェックしなきゃ」と思った時にRSSリーダーをあけて、「あ、夕刊届いた」と思った時にGunosyを見る。そんなタイミングに待った!がかかるのってどうなの。

自分で探しに行くことが鉄板

今まで私は、「このブログや情報サイトは面白いから、きっと今後も私の興味にフィットした記事を配信してくれるだろう、だからチョイチョイ見に来よう」と、せっせとブックマーク集めたり、RSS取得してたわけですよね。

そして、有益なツイートをしているTwitterユーザーをフォローしたりと、自分だけの頼りになる「情報発信ありがとうリスト」的なものを作ってたんですよね。

さらに昨今は、「まとめサイト」の台頭で、ググってアチコチ見るより、どなたかの「編集結果」の方が手間がないと、ありがたく見ていたわけですよね。

そしてこの「キュレーション系サービス」。ONETOPIとかNAVERとかTogetterとかとか。どれも便利だけど、Gunosyの「勝手に集めてきてくれる感」は別格でした。でもその仕組みに湧いた疑問のために、すっかりご機嫌とりに翻弄されていた次第です。
やっぱり、はてブ眺めたり、RSSリーダーをチェックして、「自分が期待しているゾーンから、必要な物を選んで行く」という自分フィルタリングから入らないと、スッキリしないなーと思ってしまいました。そもそも、キュレーション系サービスに過度な期待をしすぎだとw

ならもう、キュレーションがバイアスに感じるなら使わなきゃいいじゃんはナシの方向でwww 膨大な情報の海をサーフィンする楽しみと、編集された情報郡に期待を持つことは別なんで、やっぱり「編集されていること」の信頼度は捨てがたいのです。ということでGunosy、これからも試行錯誤しながら使ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。