「Xフライドポテト」についての公開質問状

「Xフライドポテト」についての公開質問状

 

コンビニエンスストア「ミニストップ」における
「Xフライドポテト」販売についての公開質問状

2010年4月1日(木)

貴社で販売されているファーストフード商品「Xフライドポテト」について、商品コンセプトと実商品にかなりの相違があることについて説明を求めます。

2010年3月31日(水)午後6:30、新宿駅西口店にて 同商品を購入したところ、断面がX形を保持しているものが25本中2本しかありませんでした。(参考写真1)

▼参考写真1
Xフライドポテト

残り23本は、凸ポテトや逆凸ポテト、トポテト、Lポテトとしか呼び用のない形状をしており(参考写真2)、これはいちじるしく商品コンセプトから逸脱していると思われます。

▼参考写真2
Xフライドポテト

「Xフライドポテト」として購買意欲が生じたにもかかわらずこの結果では、X型に期待した顧客の気持をないがしろにしており、過剰広告にもあたると思われます。つきましては、カスタマーサティスファクションにどう応えるか、以下の質問に回答を求めます。

1)Xの形状をとどめてない物(凸型、逆凸型、ト型、L型)に関して、返品およびX型への交換を求めます。

2)吉野屋の“つゆだく”や、マクドナルドの“バーガーのチーズ抜き”など、他社では企業努力として注文時のオプションがあります。「Xフライドポテト」にも「オールX」というカスタマイズオーダーの実施を求めます。

3)1、2が不可能な場合、誤解を回避するために「X気味フライドポテト」への名称変更を求めます。

以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。