小籠包の銘店・台湾料理「點水樓 ディエンシュイロウ」が東京に開店!

台湾料理の名店「點水樓 ディエンシュイロウ」が東京に開店!

東京に「點水樓 ディエンシュイロウ」の日本一号店?が出来る情報を入手したのでシェアします。オープンは2018年初頭とのこと。ずいぶんフワッとした情報だな…とお思いでしょうかw 建設中の店舗の前を通って気になり、情報をかき集めてみました。まずはご覧ください!

東京四谷三丁目に「點水樓」の店舗を建築中!

用事があり四谷を知人と歩いていたら「あら!『點水樓 ディエンシュイロウ』の看板が!」と。屋根などの意匠がいかにも中華風味なデザインのビルが建築中でした。

點水樓ロゴマーク

東京都新宿区四谷3丁目付近になります。最寄り駅は東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅、1番出口から2〜3分と近いです。
外から見ただけなので住所などは不明、Googleマップをお借りしてマーキングしてみました。

↓クリックで拡大します
點水樓 東京の地図

緑の看板「染の創作ぞうり 四谷三栄」さんのあるビルの隣に、新しくグレーの店舗ビルを建てていました。

↓クリックで拡大します
點水樓が出来る場所のストリートビュー

アジアに明るい知人が「點水樓」は台湾で大変有名なレストランで、小籠包が評判だと教えてくれました。小籠包といえば名古屋で「鼎泰豐 ディンタイフォン」に入ったことがあったな…と思い出し、帰宅後ネットを調べてみました。

小籠包が名物!台湾中華料理の銘店「點水樓 ディエンシュイロウ」とは

點水樓 ディエンシュイロウ公式サイト

「點水樓」は「点水楼」という表記も見かけました。食べログの「點水樓 懷寧店」ページや、トリップアドバイザーでも台北「點水樓」に沢山の口コミがあり人気がうかがえます。※リンク先は全て台湾のお店情報です。

JTBの観光ガイドでは、「鼎泰豐」に並ぶ銘店と紹介されていました。

「點水樓」はインターネットの小籠包人気投票で1位になったこともある人気店。

薄い皮に肉汁がたっぷり詰まったスタイルの小籠包、ベースは上海料理のお店だそうです。

TAIPEI naviでは南京店の詳しい紹介が見られました。お料理の写真もふんだんで、これが日本で食べられるのか!とわくわく。

その実力はお墨付き。台湾版ミシュランと呼ばれる「台湾レストラン評価」で2010年、2012年と2度も五ツ星を獲得しているのです。

だそうで、高級店なのですね。

「點水樓」日本店のオープン情報は…

ですが、この記事を書いている2017年11月時点では、ネットを調べてみても「點水樓が日本に開店する」といった情報は見つかりませんでした。

調べた限りでは、2014年頃に「新宿5丁目の靖国通り沿い」という情報が見つかり、その後の情報が見つかりませんでした。ワイズコンサルティングさんの記事に詳しいです

でも私が工事現場を見たのは「新宿区四谷三丁目」。そこでTwitterを見てみると、私と同じように建築中のビルを気にかけている方のツイートを発見!shang(@shang531)さん、引用を快諾いただきありがとうございました^^

さらに調べると、『點水樓 ディエンシュイロウ』のFacebookページが見つかり、思い切ってメッセージを送ってみました。

點水樓 @dianshuilou Facebookページ
https://www.facebook.com/dianshuilou

點水樓Facebookページ

2018年初頭オープン予定の情報をゲット!

Google翻訳で「東京・四谷のお店はいつ開店予定ですか?」的なメッセージを作り^^; 失礼も顧みず送ってみたところ、快くお返事をいただけました!

目前尚不確定日期,預計大約會在年初。若確定日期後會在粉絲頁公佈哦!

またもGoogle翻訳をかけると
日付はまだ分かっておらず、年初の頃になる予定です。ファンページに日付が発表されたら!
と読めました。

點水樓Facebookメッセージ

ということでまとめると…

  • 『點水樓(点水楼)ディエンシュイロウ』の日本出店は東京都四谷三丁目
  • オープンは2018年の初めの頃を予定
  • 正式な日程は決まったら『點水樓』のFacebookページで発表される

だそうです。楽しみですね!

台湾の本店に行けたら素敵ですが、なかなかすぐには叶わないので、日本に来てくれるのは嬉しいです。ぜひ開店したら『點水樓』に行ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。