秋葉原プロレス「10周年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~」

秋葉原プロレス「10周年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~」

以下は、まったくプロレスを知らない初心者の、ぬるい観戦記になります。お好きな皆様が読まれたら苦笑されると思いますが、これまで関心のなかったプロレスに心が動いた記録として書いておきます。

インディーズプロレスの試合を見る

昨年からローカルヒーローにはまり、ショーやイベントに出かけるようになりました。その中でも、お気に入りで応援しているのが東京都葛飾区のご当地ヒーロー「仮面の守護者ゼロング」。じつはゼロングさん達はプロレスラーとしての顔をお持ちです。ショーではプロレス技が飛び交い、とても迫力があります。

そうなると、リングでのお姿も見てみたい!と欲が出まして、プロレスの試合に行ってみました。
2015年1月には、葛飾区のエイトホールで行われた「W.I.N」でのゼロングさんの試合を。3月には、水道橋アカデミアアーザで行われた「ミニカチョ4」でマッチョ大佐の試合が見れました。
ミニカチョ4の観戦記はこちらです。

試合会場の空気感にも慣れず、緊張の内に終わってしまいましたが、ライブで試合を見てみると、なるほど、これは面白い物だと。

秋葉原プロレス 10周年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~

秋葉原プロレス 10周年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~

そして、3度目の今回は、4月5日に蕨レッスル武道館で行われた「秋葉原プロレス 10周年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~」で、ヴァサライケウチ選手を見てきました。現場にも慣れ、そして、ほんの少し、プロレスのどこが面白いのかが、わかった気がしました。

試合の告知記事はこちらです。
2015・秋葉原プロレス10周年記念大会!

出遅れてしまい、第1・2試合は見逃してしまいましたが、その後の4つの試合は、選手それぞれ個性的で面白かったです。そして、最近少しづつ感じていた「プロレスってどこまでがガチなのか」が、昨日の試合を見て「そこが曖昧だからこそ、それが魅力」と、少しわかった気がしたのです。

以下、印象に残った試合を。

メインイベント:AKBW王座初防衛戦

AKBW王座初防衛戦 時間無制限1本勝負(4度目の防衛戦)

第3代AKBW王者
でかい一物選手(健プロ:悪役軍団山田組若頭)

VS

挑戦者
平田明選手(秋プロ)

どちらが一物選手か凝視

秋葉原プロレス 10週年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~

最後の試合は、お名前がユニークな「でかい一物」選手と「平田明」選手。思い返せばでかい一物選手は、1月のエイトホールでも試合を拝見していました。でもその名前のすごさは覚えていたのに、すっかりお顔を忘れていたので、赤いパンツの人の方が大きく見えるし、どっちが一物選手だっけ……と開始しばらくは一点を凝視していた糞ババアです(自虐)

ベルトをかけた試合で、アマチュアレスリングの世界でもベルトとかあるんだ、ちゃんと競いあってるのね……などと失礼なことを思いつつ、またこれも面白系の試合なのかな、と最初は思っていました。

結果は、平田選手の勝利

平田選手は、力尽きた一物選手に駆け寄り、ずっと手をにぎり何かを話していました。平田選手が男泣きしているのを見て、アレ?これも演出?最後はいい話し系にするオチ?なんてまだ少し思っていたんです。私、今はガチの方にいるの?フェイクの方にいるの?って、わからなくなって。

でも帰宅後、一物選手と平田選手のtwitterやブログを見て、あ、これガチだったんだ!と。引用し紹介させていただきます。

でかい一物選手のブログ記事「ベルト獲られちゃった」より引用、

平田は完全に目の前の俺を倒すことだけを考えていた。
俺もそのつもりだったけど、混じりっ気があったのかもしれない。
それにしても平田、覚悟とか想いとか、同時に俺に対する信用やリスペクトも感じられた遠慮ない攻撃だったな。
日常に暫く支障が出るくらい腰が爆発しそうだけど、まぁ受け止めて負けたんだから仕方ない。

面白い試合の中にも、肩が真っ赤に腫れ上がっていた選手もいたし、選手の苦しそうな息遣いやうめき声が聞こえたし、見ていて痛々しかった。

リングサイドで見守ってる人が「耐えて!」と声をかけてて、そうか、平気じゃなくて耐えてるんだと、ハッとしたんです。

テレビの中で見ていたプロレスは、痛そうだとは思ったけれど、痛いのかはわからなくて。しかも訓練してる人達だから平気なんだろうな、なんて思ってたんです。

でもそうじゃなくて、本当に痛くて苦しいんだな、と気が付きました。そこを乗り越えてまた立ち上がるからハラハラドキドキと夢中になって、その強さや闘志がかっこ良くて感動するんだな、と。

プロレスはガチなのか、否か

子供の頃テレビで見ていたプロレスで、やられる側の選手が、技を掛けられるのを待ってるかのように見えるのも、変だなーと思っていました。立たされてボーッとしているところに、ロープからボインッと飛んでいくヤツ(伝わってますかね)、あんな時はいつも、逃げちゃえばいいのに!と思っていたんです。

でも今思うと、あれも、本当に朦朧ともしてるんだろうし、また、技が安全にかかるように受けている側面もあるんだろうと。(お互いの技術と信頼があって技として成立してるというか)
そして「ハイハイ、そう来たのね?じゃ、こっちはこうするよ?」と、技の掛け合いになってるんだなと。

ルール、様式美、そんな感じの物があって成立しているスポーツエンターテイメントで、それじゃなかったら、ただのケンカなんだなと。

ガチだとかフェイクだとか、そんな分析は意味がなくて、演出も、用意されてるストーリーがあったとしても、それも含めて全てが、目の前で起きている「全力のリアル」なんだなと。

平田選手の涙も、一物選手の思いも、全てが本物だった。3度目の生の試合を見て、やっと、プロレスの醍醐味の入り口ぐらいを感じることができた、そう思いました。

セミファイナル:6マンタッグマッチ45分1本勝負

ヴァサライケウチ選手(秋プロ)
邪馬屠選手(RAW)
プリンス石井選手(WIN)

VS

Mr.Money選手(nkw)
鴉野ショウ選手(RAW/シンジケート)
TATSUYA選手(WIN/シンジケート)

ヴァサラ・イケウチ選手

秋葉原プロレス 10週年記念大会 秋プロ小会議~感謝の章~ ヴァサライケウチ選手

この日のお目当ては、ヴァサラ・イケウチ選手の試合でした。ゼロングチームのどなたかなんですが、公にされていない?ようなので、そこはぼかしておきます。いつも見ているヒーローショーで活躍されている方が、プロレスの現場ではどんなエンターテイメントを見せてくれるのか楽しみでした。

ヴァサラ選手、かっこよかったです。その出で立ちは、ネットの写真等で少し見ていたのですが、本物を見ると改めて、怪しい魅力にやられました。

前半でMr.Money選手とやりあった時、ニタァと笑って向かっていった表情がすごくて。
技をかける時と、かけた後の身のこなしがすごく軽くて。
キレがあるというか、相手にダメージは与えているのに、余裕のある技の掛け方が、完全に技術で見下してるように見えて、すごくかっこよかったんです。

責められている時の表情さえ美しい。見られていることを計算つくしているような隙の無さ。天井にぶら下がった時がハイライトだけど、どの技も華があって、本当に素敵でした。

実況者の解説で、ヴァサラ選手ってカリスマ選手さんなんだと知りました。すごい方だったんですね。私、何も知らないで見に行ってました。

以下、当日していたツイート。相手チームに当日の熱に任せて失礼なことを言っていますがお許しください。

邪馬屠選手です。とても物静かな印象なのに、体の大きな選手をジッと睨んで、何度も何度も執拗に立ち向かっていった姿に狂気を感じました。

派手に威嚇する強面の選手が、立派で強そうに見えるのは当然で、邪馬屠選手のような方がしつこく迫ってきたら、その気迫はかなり不気味で強いのではないかと。

プリンス石井選手です。昭和のレスラーとか言ってますが、古き良きスポーツ選手らしい紳士的な印象があったと言いたかったのでした。正統派の試合。

プロレスの魅力にはまりました

秋葉原プロレス10周年、おめでとうございました。記念すべき大会を見ることができて光栄でした。平田明選手、ベルトおめでとうございました。でかい一物選手の、更なるご活躍もお祈りしております。

ユーモラスな選手のキャラクター、激しい汗と息遣い、そして男の涙、情報量が多すぎて処理が大変でしたが、この混沌とした気持ちのまま、「面白かった!」「かっこよかった!」と思っていていいんですよね。

テレビで放映されるような選手の試合も、いつか経験してみたいと思いますが、インディーズ団体の個性溢れる選手と試合の手作り感、運営を支える皆さんのご尽力も含めて、大変な魅力だと感じています。現場でしか見れないから。

また秋葉原プロレスさん始め、様々な団体の試合を見に行きたいと思います。昨今「プロレス女子」が増えている等とメディアで言われていますが、気にしなーい。だって中年BBAは女子じゃないもん(自虐)

でもガチファンの皆さんのおじゃまにはならないように気をつけますので、よろしくお願いします。勉強しますので、いろいろ教えてください。

当日にしていたアホなツイート

TATSUYA選手ご本人に見つかってしまいました…(汗)

名前を間違えたのは、ヴァサラ選手のせいにしました(笑)

プロレスファンの先輩方の、ありがたいアドバイス

 

すばらしい写真で試合をレポートされているブログがありました。紹介させていただきます。

秋葉原プロレス 10周年記念大会 – 撮影した写真 pss410j

昼大会同士をハシゴ : プロレスブログ(仮)
4月5日 秋葉原プロレス でかい一物 対 平田明 画像70枚 : プロレスブログ(仮)
4月5日 秋葉原プロレス 鴉野、TATSUYA、Mr.Money対ヴァサライケウチ、邪馬屠、プリンス石井 画像51枚 : プロレスブログ(仮)

追記:
でかい一物選手のブログ記事が、見始めたばかりの私にとって、大変勉強になる内容でした。リンクさせていただきます。
でかい一物の日記 : 僕が思うプロレス、僕が出来るプロレス

でかい一物選手、平田明選手から直々に、twitterでコメントをいただきました。ありがとうございました。

ご指摘をいただき、優勝の表記は修正いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。